本文へ移動

じゃかご

じゃかごの始まり

竹を材料として亀甲型網目の円筒形のかごを編み、内部に玉石、割石などを詰めて河川工事に使用した。現在では、技術の進歩により、手編みから機械編みに変わり、また、材料も竹からめっき鉄線に発展、その形態も工法に順応して多種多様のじゃかごが生産されるようになりました。
山も野も川も、あらゆる生物を育む成育環境にすることが絶滅に瀕している動植物を助け、ひいては共存していく我々の子孫のためにもなる商品をじゃかご工法として使用したいものです。柔軟性に富んだ金網構造のために、洗掘などによる地盤変化に適しており、土や石詰構造なので現在する動植物の育成を助けます。

じゃかごの種類

筑豊金網北九州株式会社
〒805-0019
福岡県北九州市八幡東区
中央3丁目8番24号
TEL.093-661-3013
FAX.093-661-3006


建設業許可番号 福岡県知事許可

(特-2)第93923号

0
0
5
1
7
2
TOPへ戻る